紫外線のアレルギーは原因があるの?対策グッズや症状について

今回取り上げる話題は、以下の内容になります。

  • 紫外線アレルギー
  • 紫外線アレルギーの原因と対策
  • 対策グッズや症状について

ずっと気になっていた人も、初めて聞いた人も、どうぞ参考にしてください。

紫外線のアレルギー対策にお悩みのあなたへ!オススメの人気グッズランキングトップ3

紫外線アレルギーとは?

クリニックのサイトで説明されているのを見ると次のようにまとめることができます。

紫外線アレルギーは日光アレルギーとも呼ばれることもあり、実は光線過敏症という疾患なのです。

光線過敏症は、普通の人なら問題ない程度の日光に当たることによって皮膚症状が生じる疾患の総称です。

紫外線アレルギー対策グッズ

紫外線アレルギー対策に使えるグッズは、一般的な紫外線対策と同じです。

対策グッズのランキングで言えば、上位に上がるのは、日傘、帽子、サングラス、長袖の衣類などになります。

しかし、アレルギー対策となるとパフェクトに日光を遮断しなければいかません。ですから、日傘や帽子よりも紫外線アレルギー対策には「顔をほぼ隠せるマスク」が適しています。

紫外線アレルギー対策グッズのオススメの人気グッズランキングは次の3つ。

  1. 顔をほぼ隠せるマスク
  2. UVカットアウター
  3. UVカットアームカバー

「顔をほぼ隠せるマスク」には、次のようなものがあります。

「UVカットアウター」には、次のようなものがあります。

「UVカットアームカバー」には、次のようなものがあります。

紫外線のアレルギー症状とは?それぞれの症状にあった対策法をご紹介!

紫外線のアレルギー症状について

肌によく見られる症状

  • 赤み:赤みがムラになる。
  • 湿疹:細かい乾いたぶつぶつ、あせものような湿疹。
  • かゆみ:強さの程度には個人差があり。
  • 腫れ:皮膚が腫れ、熱を持つこともある。
  • 水泡:湿疹などが悪化して水ぶくれができることもある。
  • 蕁麻疹(じんましん):ミミズ腫れのように局地的に盛り上がる。

目によく出る症状

  • 充血:紫外線に影響によって、涙液の分泌が減り、充血する。
  • 腫れ:皮膚が薄いため、瞼(まぶた)が腫れる。
  • 涙が出る:太陽に当たるだけで、涙が出たり染みたりする。
  • ゴロゴロ感:目にゴミが入ったようなゴロゴロした違和感が続く。

症状にあった対策法と原因について

その他の症状として、頭痛や吐き気が伴うことがあります。自分で安易な対策をせずに、皮膚科へ行きましょう!

皮膚科では、いくつかの検査が行われ、原因が判明したらそれぞれの原因に沿った治療をしてもらえます。

まとめ

紫外線のアレルギーの疑いがある場合は、自分で安易な対策をせずに皮膚科へ行きましょう!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村