共働き主婦注目!家事に疲れた時みんなどう解消しているの?

共働きとは「夫婦がともに雇用されて働いていること」(wikipediaより)です。

しかし世の中では女性の中にもパートは共働きとは言わないと考える人もいます。しかしパートに出ようが出まいが家事の量は変わりません。

加えて人間には向き不向きがあります。元々持っている家事能力が違うことを分かっていない人が多いことも事実です。

疲れを解消するのに一番効果的なことは、そのことを家族に理解してもらうことです。

仕事量的に解消できなくても、問題はありません。

パートナーや家族が自分の状況を分かってくれるだけで、精神的疲労はかなり解消されるはずです。

まずは家族の認識、意識を擦り合わせる為に話し合いをしてみてはいかがでしょう。

共働きで家事しない旦那にイライラする時どう対処する?

共働きの場合は特に、家事をしない旦那にイライラしているママは多いですよね。

そもそもなぜ旦那は家事をしないのでしょうか。手伝おうとすらしないのでしょうか。

それはそのように躾けられていないからです。もしくはそのような能力が備わっていない人と家庭を持ってしまったということです。

ここで諦めてしまうか、大きい子供が一人増えたと思い自分が育て直すか。

諦めてしまう場合、始めから期待しないことです。「してくれない」と思うからイライラするのです。

どう教える?旦那を育て直す決心をした時

育て直す場合、最初は簡単なことからお願いしましょう。

簡単な家事が習慣化したら、徐々に難易度をあげていきます。そして褒めて伸ばしてあげましょう。

それでもイライラが蓄積されてしまったら、数時間でも家を離れると良いですよ。

旦那に子供のお世話と家事もお願いして、クールダウンの必要性を伝えて出かけるのです。

賢い旦那さんでしたら察してくれるはずです。察することができない残念な旦那さんには手紙でも渡せばよいでしょう。

それでも理解できないようでしたら、残念ですが諦めるコースに変更するしかないですね。

共働きでの家事の負担はこう解消すればよし!解消法5選

共働きで家事の負担を解消するには、家事を減らすか役割を分担するかですよね。

解消法その1:外注する

家事代行サービスを利用します。お試しプランがあるところを利用すると良いでしょう。

毎日当たり前のようにやっている家事の値段が視覚化される良い機会です。

解消法その2:家事を減らす

あれこれやりすぎてはいませんか?本人がやれば済むことまで、あなたが手を出していませんか?

パートナーや家族の中で一度話し合いましょう。

どのような家事があるのか書き出し、不必要な家事を消去していきましょう。話し合った内容は皆の目につく場所に掲示しておきましょう。

解消法その3:家事を分担する

家族で話し合い家事を分担しましょう。月に1回くらい、家事の分担を見直すと良いですね。

例えば、1ケ月目はゴミだしだけをお願いします。そして2か月目は家中のゴミを収集してからのゴミだしをお願いしてください。

3か月目はさらに難易度をあげていくと子供でも徐々にできるようになるでしょう。

解消法その4:文句や愚痴を言わせない

パートナーや家族の協力を得られない場合、以下の約束をとりつけましょう。

  • 手伝わないなら一切文句を言わない
  • 文句がある場合は自分でやる
  • 自分の勝手なペースで文句や用事を言わない

解消法その5:期待しない・頑張らない

先にも書きましたが、「してくれない」と思うからイライラするのです。

期待しない、当てにしないが実は一番楽だったりします。そして頑張りすぎないことです。

疲れている時や、やる気が出ない時はしなくてOKというルールを自分で決めましょう。

まとめ

共働きで家事の負担で疲れているなら、まずは自分だけが頑張りすぎないことです。

諦めることは簡単ですが、老後も仲良く過ごしたいと考えるのであれば定期的に話し合いをするべきです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村