筋トレを始めよう!女性初心者が取り組むべきメニューは?ジム&自宅

今回のテーマは以下の内容です。

  • 筋トレの女性初心者のための後押し
  • 自宅で行うべき?
  • ジムに通うべき?
  • 自宅で行う筋トレメニュー
  • ジムに通う場合の注意点や用意する物

まずは筋トレを手軽に!女性が気軽に取り組む自宅でのメニューとは?

自宅で筋トレをするメリットは、お金と移動時間がかからないことです。

思い立ったときから、自由にトレーニングを始められますよね。

マシンや器具を使わないトレーニング

自宅でマシンや器具を使わずに筋トレをする場合は、自重トレーニングになります。

自重というのは、自分の体重を負荷にすることです。たとえば、腕立て伏せなどがそうです。ここでは、自重トレーニングの名前をリストしておきますね。

  • 体幹を鍛える「フロントブリッジ」
  • 体幹と下半身まで鍛える「プランクレッグレイズ」
  • 大胸筋を鍛える「ノーマルプッシュアップ」
  • 腹筋を鍛える「クランチ」
  • 下半身を鍛える「スクワット」
  • 背筋を鍛える「ヒップリフト」「バックエクステンション」
  • お尻を引き絞める「バックキック」

本格的に筋トレを行いたい!女性がジムに行く際の注意点や用意する物

ジムに通って、筋トレをするメリットは、高性能なトレーニングマシンを利用できることです。

ジムにある筋トレ専用のマシンは、普段使わない筋肉を効率よく鍛えられます。またトレーナーにボディメイクのためのアドバイスをもらえるのもメリットになります。

筋トレの正しい知識を提供してもらうことで、迷うことなく理想のスタイルをめざすことができます。

ジムに行く際の注意点

ジム選びのために、1日体験を利用しましょう!自分の気になる点をチェックして、会員になるかどうかを判断すると良いですよ。

たとえば混雑状況。あまりにも混雑していると、筋トレ用のマシンを効率的に利用することができませんよね。

通いたい雰囲気かどうかは以下の様子を確認して判断しましょう。

  • スタッフの対応
  • 会員の年齢層
  • ジムが清潔かどうか

用意する物

初期準備としては、以下の物がお勧めです。

  • ミニバッグ
  • トレーニング・ウエア
  • スポーツブラ
  • ソックス
  • ジム用のシューズ
  • 替えの下着

タオルは、通いながら自分にとっての理想のサイズと枚数を探っていきましょう。ドリンクもジム通いをする中で、お気に入りを見つけてください。

スポーツジムのお風呂を利用すれば節約にもなります。シャンプーにこだわりがあるなら、それを持って行くほうが良いです。

まとめ

ジムと自宅トレ!どちらが続けやすいか?は、自分の性格が大きく影響します。

お金を払って管理される中でやったほうが良いのか、自分の考え方を優先にしたいのか、よく考えて決断しましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村