筋トレを行うことで得られる最大の効果!精神が安定して毎日が潤う?

今回の話題は、筋トレの効果です。はじめに触れておきたいのは、精神的な効果です。

筋トレは肉体面の効果だけではなく、メンタル面に良い影響を与えるというお話です。

その上で以下の内容に触れていきます。

  • 筋トレを行うにあたっての効果的な時間
  • 筋トレの効果が出るまでの期間

これらの理想や目安をお伝えしていきます。筋トレを始めようと思っている人の参考になれば幸いです。

行うならいつ?筋トレに効果的な時間が知りたい!タイミングも重要?

スポーツで体を動かすことで、メンタルがスッキリした経験はあると思います。筋トレの精神的な効果には、

  • リラックス効果
  • ストレス解消効果
  • 自信を持つことができる効果

などあります。筋肉を収縮させると血行が良くなるので、脳や体にリラックス効果が生じて、ストレスも解消されます。

また、筋トレによる目に見える効果があると自信につながります。

効果的な時間は?

基本的なセオリーでは、夕方が筋トレには最適の時間帯だと言われています。

考え方としては、早朝が不向きなのは体温がまだ上がっていないので、筋肉が硬い状態だからということです。

そして筋肉に刺激が入りやすいのは、交感神経も働きやすくなる午後から夕方というのが定説になっています。

仕事帰りにジムに寄るのは、合理的なのかもしれませんね。

デメリットから見た早朝と夜を避けたい理由

早朝にトレーニングをすると、体温がまだ低いのでケガをしやすいという心配があります。また、早朝からエネルギーを使うことで1日の動きに支障が出る恐れもあります。

夜の遅い時間帯は、1日の疲れから注意力が散漫になりやすいというのが懸念されています。トレーニングで興奮してしまって眠れなくなり、睡眠に影響が出ることもあります。

会社勤めの人にはタイムスケジュールの調整がむずかしいところです。しかしコンディションを整えて筋トレをするのが理想です。

どれぐらい続ければいいの?筋トレの効果が出るまでの期間は3ヶ月!

まずは、1週間のトレーニングのサイクルを考えます。筋トレを行う頻度ですね。週に2回のトレーニングをするにしても、間隔を空けることが必要です

トレーニングをしたあと、およそ48~72時間で筋肉は修復されます。それで、もとの筋肉より太い状態になっていくわけです。

48~72時間の間隔を取るサイクルにして、トレーニングの予定を立てると筋力増加の効果が出やすくなります。

筋トレの効果が出るまでの期間は3ヶ月と言われるのは、自分で気づく実感の目安です。最初の3ヶ月をがんばると、筋トレがおもしろくなるそうですよ!

個人差で言えば、性別による違いがあります。ホルモンの関係で、男性のほうが早く筋トレの効果が出るようになっているからです。

まとめ

腹筋をすると、最初はお腹が痛い!という状態になりますよね。

そのうち、痛みがなくなって、腹筋が硬くなってきます。そういう経験のある人は多いと思います。

さらに、1週間、10日間、20日間と続けると、目に見えて違いが出てきます。筋トレこそ、継続が大事と言うに値しますよね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村