一人暮らしの費用は手取り20万の場合どんな内訳になる?貯金は?

一人暮らしに憧れている20代女性に向けた以下の情報を紹介します。

  • 生活費の平均金額と一人暮らしの初期費用
  • 手取り20万で一人暮らしは可能か?
  • 一人暮らしの費用の全国平均
  • 一人暮らしの初期費用

一人暮らしする時の費用の平均とは?一般的な20代女性の金額

全国の平均を見ると、15万円前後という数字が出てきます。何にどれくらいの費用がかかるのか、その内訳は次の通りです。

  • 家賃の平均額:6万7000円
  • 食費の平均額:2万7000円
  • 水道光熱費の平均額:8000円
  • 通信費の平均額:1万円
  • 日用品・消耗品の費用の平均額:6000円
  • 交際費の平均額:1万9000円
  • 趣味娯楽費の平均額:1万3000円

これで、15万円です。手取り20万で、なんとか生活はできそうな内訳金額です。

この全国の平均額を目安にして、どこにお金をかけて、どこを節約するかを考えてみましょう。

平均額を目安にどんな配分で節約する?

家賃は一人暮らしの家計の中でも大きな割合を占めます。また、家賃は節約と関係なく毎月必ず決まって同じ金額が出ていくことになります。

お部屋を契約するときは、先々のことも考えて決めましょう。食費は節約が可能です。自炊をして外食を減らすことで、かなり節約ができます。

健康面も考えた食生活をすることで、病気になることも少なくなり、医療費を抑えることができます。

水道光熱費も意識することで節約できます。通信費は定額プランなので、ほぼ固定です。日用品・消耗品は、安く購入できるスーパーやドラッグストアを徹底チェックしましょう。

交際費はデート費用も含まれるので、全体にかかる費用とのバランスを考える必要がありますね。趣味娯楽費は、限りなく「0」に近づけることができます。

急な出費に備えて、少しでも貯金できるような生活を心がけましょう。

一人暮らしの初期費用って最低どれくらい必要?逆算して備えてみる

家賃5万~6万円の部屋を契約することを想定した場合、「初期費用」の目安は次のようになります。

  • 敷金:6万円
  • 礼金:6万円
  • 仲介手数料:6万円
  • 日割り家賃(当月の15日~月末):2万9,032円
  • 前家賃(翌月の家賃):6万円
  • 火災保険料:2万円
  • 鍵交換費用:1万6,200円

これで、「30万5,232円」となります。これに引越し費用と新調する家具家電の費用がプラスされます。

家具家電の購入費を抑えることで、費用面では一人暮らしを始めやすくなります。

まとめ

初期費用を抑えるために不動産屋へ相談に行くなら、4月~8月の不動産業界の閑散期がおすすめです。

この時期は、不動産屋に足を運ぶ人も少なく、時間をかけて相談に乗ってもらえる場合が多いです。

空き部屋を抱えて困っている大家さんは、多少費用を安くしてでも入居者を探していることがあります。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村