結婚の準備期間ってどれくらいかかるの?徹底調査してみた!

今回の話題は、結婚式の準備をメインに以下の内容になります。

  • 結婚の準備期間
  • 結婚の準備の費用

プロポーズをした男性、プロポーズを受けた女性にとって、結婚式の準備期間は気持ちが高まるときです。

喧嘩にならぬように注意して、二人で心を合わせて結婚式の準備ができるように、参考にしてください。それでは、どうぞご覧ください。

結婚の準備期間はこれくらいかかる!スケジュールをしっかり管理でスムーズに!?

スケジュールはしっかり管理でスムーズにしなくてはなりません。

ここでは「プロポーズを受けてから結婚式を挙げる日までの期間」で考えていきます。結婚式場を探しはじめる時期の平均は、披露宴当日の8か月前です。

式場が決定した段階からの期間は、3~4か月前くらいになります。結婚式準備を早く始めると次のようなメリットがあります。

  • 希望の日取りを予約しやすくなる。
  • 仕事をしている女性でも、余裕をもって打合せができる。
  • 人気のエンデイングドレスを選びやすくなる。

結婚式準備を早く始めた場合のデメリットは、新たな希望が増えて、予算が膨らんでしまうことです。

精神面では、準備期間が長いことでマリッジブルーになることもあります。結婚式の準備を花嫁ばかりがすることになって、けんかをしてしまうことが多いです。

結婚式の準備の役割分担をきちんと話し合って、男性も準備に対して積極的になることが大切です。二人で決めて行くことで、準備はスムーズに進んでいきます。

結婚式までの準備期間を二人で楽しみながら過ごしたい場合は、長期間の準備がおすすめです。

仕事が忙しくて集中して準備を済ませてしまいたいカップルは、短期間の準備のほうが良いでしょう。両家のご両親の意向も踏まえて、よく話し合ってください。

合わせて知っておきたい!結婚の準備の費用ってどれくらいするの?

結婚の準備の費用、いわゆる結婚資金です。まず、挙式・披露宴の費用は全国の平均で約350万円です。

これにプラスされるのは、次の物です。

  • 婚約指輪
  • 結婚指輪
  • 結納
  • 新居の引越し費用
  • 新婚旅行の費用

これらの総費用で、500万円をひとつの目安に考えてみてください。あとは、どれだけ抑えるかを検討しましょう。

結婚式の費用については、全額を自分たち(結婚する二人)で負担するというわけではありません。ご家族からの援助をいただける場合もあります。

また、「ご祝儀」もいただけます。そのあたりも計算して、二人で予算を立てていきましょう。

まとめ

結婚は、プロポーズのあとは現実的なことが始まっていきます。いきなり、二人の生活の感覚が問われていきます。

マリッジブルーにならないように、二人で上手に準備しましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村