主婦が家事に使う時間はどれくらい?効率よくこなしたい!

あるベテラン主婦のご自宅はいつでもきっちり片付いています。

食事も手を抜かず、お菓子作りも大の得意。ボランティア活動によく参加し、習いものもしているのに、どうやって家事をこなしているのか気になりますね。

その人に聞いてみると、

「簡単なことよ。出したものはすぐに元の所に片付ける。汚れたらすぐにきれいする。買い物はネットで1週間に1回にして、料理は週末にまとめてやるだけよ。」

なるほど、実に効率よく時間を使って、家事の手抜きをせず、しかも自分の時間も確保しているのはさすがですね。

このベテラン主婦の方に家事の時短のコツを習いたいものです。

主婦が家事にかける時間とは?効率よく家事をこなして時短を目指す!

日本の主婦の家事をする時間は1日平均3時間半ぐらいです。

働いている人でも3時間ぐらいは家事をしているようです。これを半分に減らすのは無理かもしれません。

でも、長い時間をかけるのがベストではなくて、先のベテラン主婦のように、効率よく時短で家事をこなすことが必要ですね。

掃除は汚したらすぐにきれいにするのが基本です。トイレやお風呂場、台所は使った後にさっとミニ掃除をしておきます。

そうすれば、1週間に1回念入りに掃除をすればきれいにしておけます。

料理や洗濯はできるだけ、作り置きやまとめ洗い。まとめてアイロンかけをすれば、時間も電気も労力も節約できます。

主婦業をもっと楽に!家事スケジュールを立てて効率よく進めよう!

効率よく家事をこなすには、スケジュールを立てことも必要です。

お手本にしたい先の主婦の方は、1週間のうち、

  • 木曜日をシーツやバスタオルなど洗濯の日
  • 土曜日をネットスーパーの買い物の日
  • 日曜日をアイロンかけ

の日に決めているそうです。

他の日は毎日1か所以上の念入りな掃除をする、一日置きに洗濯をする、必要な物があれば買い足しもする、とざっくり予定を立てるのがポイントだそうです。

あまりきっちり予定を立てると、その通りにできないとイライラする原因になるからです。

また家族の協力も必要ですね。それぞれが、使ったものは元の所に返す。

ゴミを散らかしたり、脱いだ衣類を放置したりしないで、ゴミ箱や洗濯かごに入れれば、掃除や片付けの手間が省けます。

まとめ

主婦の家事時間は平均で3時間半とも言われますが、時短で効率よくやりたいものです。

掃除はそのつどきれいにし汚れを溜めない、料理や洗濯はまとめてするのが基本です。

1週間の大まかなスケジュールを立てて、計画的で効率の良い家事をしたいものですね。

空いた時間を自由に使って心豊かな日々にしたいものですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村