洋服の衣替えにお困りのあなた!プロがオススメの収納のコツをご紹介

今回のテーマは、「洋服の衣替えの収納」です。

このページでは、

  • 「暑い時期の前に衣替えをしよう!来年に困らない収納方法と手軽にできるコツ」
  • 「使わなくなった夏服の衣替えにオススメ!収納スペースを区分けして衣類毎に分類しよう」

をお伝えします。

暑い時期の前に衣替えをしよう!来年に困らない収納方法と手軽にできるコツ

暑い時期の前に衣替えをしよう!ということで、冬服のしまい方の収納についてお伝えしていきます。

来年に困らない収納方法、つまりはどこに収納したかがわからなくなってしまわないようにしたいわけです。

手軽にできるコツは?

オフシーズンの衣類をチーム分けして収納しても、どの収納ケースに何を入れたかわからなくなってしまうことがあります。よくある失敗ですね。

それを解消できる手軽な方法としては、外から見えるところに「収納した衣類」を書いたラベルを貼っておくのが一般的です。

  • 「引き出し収納」
  • 「吊るし収納」
  • 「ケース収納」

で分けるなら、次のように衣類を分類しましょう。

「引き出し収納」は、セーターやカーディガンなどのニット

折りたたんだあと寝かせずに立てて収納すると、引き出しを開けたときに何が入っているかがひと目でわかります。

「吊るし収納」は、スーツ、スカート、パンツ、プリーツのあるブラウスなど

クローゼットに冬服エリアを作って収納します。

「ケース収納」は、長期保管になるもの

もしかしたら捨てるかもしれない衣類です。ラベル(はがせるもの)には、捨てる期限の日付を書いておきましょう。

使わなくなった夏服の衣替えにオススメ!収納スペースを区分けして衣類毎に分類しよう

使わなくなった夏服の衣替えにオススメ!ということで、夏服のしまい方の収納についてお伝えします。

使わなくなった夏服があるなら、思い切って処分する衣類からチェックしましょう。衣替えは整理するチャンスでもあります。

  • 「過去3年着ていないTシャツ」
  • 「流行遅れのTシャツ」
  • 「サイズが合わなくなったTシャツ」
  • 「明らかに素材が劣化しているTシャツ」

などは、処分対象です。

処分するコツとして、迷わないように「3秒ルール」で処分しましょう。衣類を手にとって3秒考えて、「残す」「処分する」を判断してください。

収納スペースの区分けは?

クローゼットなら右半分をオンシーズンの衣類のスペース、左半分をオフシーズンの衣類のスペースとする方法を基本としましょう。これは、衣替えをしなくて済む収納方法です。

大きなクローゼットの場合は、上中下で分けることもできます。

  • 上段にオフシーズンの衣類
  • 中段にオンシーズンの衣類
  • 下段に下着や靴下を入れる衣装ケース

という感じです。

まとめ

ポイントは、「オンシーズンの衣類のスペース」と「オフシーズンの衣類のスペース」の決め方です。

どこに収納したかをより明確にするためには、スペースに余裕を作るための処分も実践してください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村