残暑見舞いを出せる時期はいつまで?間に合いそうにない時どうする?

最近の夏は本当に暑いですね。

暑さに負けてバテ気味、暑中見舞い残暑見舞いを書こうと思っても、ついおっくうになって、後回し、気が付けば、8月末などと言うこともありますね。

8月だと残暑見舞いということになりますが、この残暑見舞いはいつまで出してもいいのでしょうか。

もしその時期を逃してしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

残暑見舞いの出せる時期と、遅れてしまった場合の対処法をご紹介しましょう。

残暑見舞いを出せる時期はいつからいつまで?意外に長い期間出せる!

残暑見舞いを出せるのは暦の上の秋にあたる立秋(8月7日頃)からですが、終わりの時期は決まっていないようです。

ですが一般的に見て8月中に出すのが適当ですね。

暦の上では立秋の次は処暑(しょしょ)と言って8月8月23日頃から9月7日頃までです。

暑さが収まること、と言う意味があるので、この時期までには残暑見舞いを出しておきたいわけです。

最近は残暑も厳しく、9月でもかなり暑いですから、9月の初めなら残暑見舞いを出すのもあながち悪くはないように思いますね。

残暑見舞いを出せる時期が過ぎてた!どうすればマナー違反にならない?

では、9月も半ば近くになってから、残暑見舞いさえ出すのを忘れていたそんな場合は、慌てますね。

特に暑中見舞いや残暑見舞いをいただいていたら、これは困ったことです。

礼儀正しい人ならば、9月の中旬に残暑見舞いをもらったら、相手は非常識な人と思うかもしれませんよね、かといってもらったままにしておくのも気がかりですね。

そんな時はもらいっぱなしにするよりも。秋のご挨拶に切り替えるのがいいようです。

季節を外してしまったと感じる時は切り替える!

「残暑お見舞い申し上げます」と言う挨拶は避けて、「初秋の候、皆様におかれましては、

ますますご清栄のこととお喜びも申し上げます。」のように時候の挨拶から始めるのがいいですね。

暑中見舞いや残暑見舞いをいただいている場合はそのお礼と返事が遅れたお詫びも書き添えましょう。

「おかげさまで、私も元気に過ごしております。」のような自分の近況報告と「お体を大事になさってください」という相手を思いやる言葉も忘れずに添えましょう。

できれば手書きのはがきの方がいいですね。遅れてしまって申し訳ないという気持ちも伝わるでしょう。

まとめ

はっきり決まっていませんが、残暑見舞いを出せるのは、9月の初めまででしょう。

できるだけそれまでに書き終えたいところですが、もし遅れてしまったら、秋の挨拶状に変えて、出すのがいいですね。

遅れたお詫びと、近況報告、相手を気遣う言葉を添えて、できれば手書きなら、より心が伝わるでしょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村