ママが抱える子育ての悩み!お子さんを持つママの声を徹底調査!

今回のテーマは「子育ての悩み!お子さんを持つママの声を徹底調査!」です。

「中学生の子育ての悩み相談」にスポットを当てているので、子育ての悩みの解決につながれば幸いです。

中学生ってこんなにもいうこと聞いてくれないの?子育ての悩みを相談したい!

反抗期は自立のための第一歩と言われます。

それに対して「手を離して目を離すな」というアドバイスがあります。

これは「余計な手出しはせずに、黙って見守りなさい」という意味なのでしょう。

子育てには正解がないのは

  • 人間の生き方
  • 社会のありかた
  • 幸せの形

これらに、絶対的な答えがないからです。

親の理想通りに育つ子供は、幸せでしょうか?自由を与えてあげれば万能な大人になるでしょうか?

反抗期と呼ばれる期間は、親がいないとできなかったことが自分でできるようになる途上にあります。最終的に明確になるのはお金です。

自分でお金を稼げるようになると、何でも自分の自由にしたくなります。

思春期の頃は劣等感も具体的に大きくなる

一方で、思春期のころは人生に対しての不安も拭えません。

中学生くらいになると、自分で自分の限界が見えてくるようになるからです。「劣等感」も具体的なものになり、心の中で大きくなります。

親や教師への「反抗」という形で「やつあたり」に近い行動を取ります。

これは自立したい気持ちと「劣等感」による依存感情で、自分の中に矛盾を感じるようになるからです。

反抗の対象になる人とは?

反抗の対象になるのは以下の様な人にあたります。

  • 自分には怒れないだろうと思われる相手
  • まったく理解してくれない相手

反抗的な態度を取ったあとは、「自分は悪くない」と自分を正当化する行動を重ねるようになります。

中学生のお子さんとはその気持ちの裏側を見抜いて、理解してあげられることが必要です。

態度や行動の表面的なところだけで、お子さんの人格を判断しないようにしてあげてください。

親としての重要な役目は、子どもを保護すると同時に、社会のしくみの中での生き方を伝えることです。

その中で気をつけたいのは、お子さんの感情をフォローせずに「世間体」だけを気にすることです。

みんなはこうやってたんだ!子育ての悩みを解決!うちの子をみんなに自慢したい!

以上のように、表面的な部分で判断しないようサポートしてあげる必要があります。

1.食生活の見直し

思春期を迎えると、一人で食事を取る機会が増え、食生活が不規則になります。

極端な偏食は、イライラしやすくなったり疲れやすくなったりします。

お子さんをサポートするつもりで、食習慣に気を配ってあげてください。

2.性的な関心

思春期を迎えた子供は、親が考えもしないような疑問を持ちます。

特に性に対する考え方には個人差があります。

その上社会の変化に親が関心を持っていないと、親子の間にギャップが生じるだけになってしまいます。

子供は一人で思い悩むことが多くなります。なので心を開いて話してもらう為には親のほうが先に心を開く必要があります。

いつも新しい目で、お子さんを見てあげましょう。

まとめ

価値観が多様化する時代、しっかりと社会に目を向けて考える必要があるのは大人のほうかもしれません。

親子で共に生きていく」という心がまえが大事ではないでしょうか。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村