デスクワークで多い悩み!眠気覚ましに備えたいアイテムとは!?

今回のテーマは以下の三つに分けて紹介します。

  • 「デスクワークの眠気覚まし」
  • 「デスクワークの眠気対策」
  • 「デスクワークの肩こり解消法」

日頃のデスクワークで眠気や肩こりに悩んでいる皆さんにお勧めの商品やストレッチ方法をお伝えします。

毎日のデスクワークは大変!疲労の蓄積で肩こりや眠気対策にオススメの商品

デスクワークをしている皆さんに、肩こり対策と眠気対策にオススメの商品をお伝えします。

肩こり対策にオススメの商品

職場に持参してもOKなら、ツボ押しグッズやマッサージグッズが1つ準備しておきましょう。

手早く、毎日のデスクワークの肩こりを軽減することができます。

「モバイルツボール」や「つぼ押し棒」なら、デスクの引き出しにしまっておけます

眠気対策にオススメの商品

顔や手、体をヒヤッとさせると、眠気対策につながります。水で顔や手を洗うだけでも違いますよね。

冷やすことで、リラックスしようとする副交感神経の働きを抑制することができるからです。

というわけで、冷却シートや冷却スプレーを常備しておきましょう。

そして首筋や足の付け根、わきの下など太い血管が通っているところに使ってみてください。

目薬は、眠気対策で使うなら刺激の強いクール系が良いです。

いざと言うときは、眠気止めの市販薬や内服液、ドリンクを用意しておきましょう。

デスクワークから来る目の疲れ!肩こりにオススメのストレッチでの解消法とは!?

今度は、簡単にできるストレッチをお伝えします。

目の疲れにオススメのストレッチ

目を動かす筋肉を大きく動かすことで、目の疲れを軽減させましょう。

顔は正面に向けたまま、顔のパーツを見るつもりで目を動かします。

  1. 右まゆを見つめます。
  2. 視線を戻して、左まゆを見つめます。
  3. 右ほほを見つめます。
  4. 視線を戻して、左ほほを見つめます。
  5. 右耳を見つめます。
  6. 視線を戻して、左耳を見つめます。
  7. 髪の生え際を見つめます。
  8. 視線を戻して、あごを見つめます。
  9. 見つめる時間は、3秒~5秒。
  10. 右回りに眼球を回します。
  11. 左回りで眼球を回します。
  12. 以上の運動をゆっくり2~3周くらい回しましょう。

肩こりにオススメのストレッチ

ポイントは、深呼吸と肩甲骨の緩和です。椅子に腰掛けた姿勢で、後ろで両手を組みます。

深呼吸をしながら、肩甲骨を寄せるようにして胸を張ります。後ろで組んだ手を10~20cmゆっくりと引き上げます。

腕を腰まで下ろしてから手を離し、最後に深呼吸。これで、肩こりが和らぎます。

気持ち良くなるまで、何度か繰り返してください。

まとめ

日頃の疲れを蓄積すると、どのような症状も解消するのが難しくなります。

毎日の睡眠を十分に取るようにしてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村