筋トレを毎日やってるのに痩せない!?間違ったダイエット方法では?

ダイエットをしようと思ったら頭に思いつくのは筋トレですよね。

「筋肉量を増やし基礎代謝を上げれば痩せられる」そう思っている人は多いと思います。

毎日一生懸命筋トレに励み、鏡のスタイルを見て喜びを感じ、体重計に乗っては体重が減ったことを喜ぶ。

しかし毎日やっている筋トレがある日を境に効果を感じられない日がやってくるのです。

「今回は筋トレを毎日やってるのに痩せない!?間違ったダイエット方法では?」と題し筋トレについて話していきたいと思います。

筋トレを毎日やる必要はない!?ダイエットメニューを見直そう!

日頃から体を鍛えている人のイメージは、引き締まった体つきの人でしょう。

そのようなイメージからも筋トレをすれば痩せられると思っている人は多いと思います。

しかし本来筋トレは体重を落とすのではなく、筋力をアップさせることなのです。

筋トレでできることは「引き締め」や「筋肉を増やして太りづらい体を作る」ということであって、痩せるという効果はないのです。

筋肉を鍛えるということは脂肪が減って部分的には細くなったような気はします。しかし決して痩せているわけではないのです。

筋トレの負のスパイラルとは

筋トレ始めたては体型変化の影響で毎日筋トレすることが楽しく感じられると思います。

しかし日を追うごとにある一定の体型から平衡状態が続き、体重も変わらない状態が続きます。

これが筋トレの負のスパイラルです。

ダイエット目的の方には筋トレと同時にダイエットメニューの見直しをお勧めします。

ダイエット目的の方に向けたカロリーの意識

筋トレをしているからといってたくさん食事を取っていませんか?

食事の量を減らしたからといってカロリーの高いものを食べていませんか?

筋肉量が増えても摂取するカロリー量が多ければ体重は減りません。

毎日栄養とカロリーを計算をしながら食事をしていけばあなたの体重は落ちるはずです。

かと言って、それでストレスをためてはいけません。よって無理に我慢はしないで継続していくことを意識しましょう。

注意点は唐揚げが食べたいところを焼き鳥にするといった工夫です。ビールでもハイボールにしたり、すればある程度カロリーを抑えられます。

なので食べたいものを食べながらも気をつけられるところは気をつけていきましょう。

筋トレだけじゃダメ!有酸素運動を毎日取り入れよう!

痩せたい方は筋トレにプラスして有酸素運動を取り入れることをお勧めします。

有酸素運動は始めてから最初の20分間で炭水化物を燃焼すると言われています。その後脂肪を燃やす運動に変わります。

有酸素運動は20分以上続けることで脂肪を燃やし続けることができます。

おすすめなのはランニングです。機械に頼る必要ない、ただひたすら走るだけでいいのです。

しかしやみくもに走ったからといって痩せるわけではありません。

多少負荷がかかる程度(汗をかくくらい)でなければ意味がないのです。

「きつい」思ってから10分くらい頑張ってやめるのが丁度良い負荷のかけ方です。

まとめ

知っていてほしいこと。

筋トレはダイエットの手段ではないということです。筋トレは筋肉をつけて基礎代謝量を上げることで太りにくい体を作ること。

ダイエット目的の方は今自分が摂取している1日のカロリーを計算してください。その量を少しずつ減らしていくことでダイエットしましょう。

また栄養不足にならないよう毎日食事をすること。筋力トレにプラスして有酸素運動を行うことで体の脂肪を燃焼させることも必要です。

健康的なボディを手に入れるために食事と運動には気を配りながら頑張っていきましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村