立ち仕事は意外と大変!?腰痛時の手軽なストレッチ方法をご紹介

既に立ち仕事をしている方やこれから始める方必見!!

立ち仕事は腰痛に気を付けないといけません。日本人の4人に1人は腰痛もちと言われています。

自分の立ち仕事は重たいものを持つわけではないから大丈夫と油断しないでください!!

ただ立ってるだけで知らず知らずのうちに腰に負担がかかっているのです(+_+)

腰痛が慢性化してしまう前に今回は腰痛の対処法をご紹介していきたいと思います!!

立ち仕事には体力が必要!?負担軽減のために知っておきたいダイエット方法とは!?

立ち仕事はやはり肉体的に疲れます。

立ったまま同じ体勢をしていると下半身の筋肉に常に負担がかかります。これが筋肉が凝り固まり腰痛を引き起こします。

負担軽減するにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは“姿勢に気を付ける”です。

左右どちらかに傾いた立ち方では腰痛を引き起こしやすくなります。なのでどちらかに傾かないように注意が必要です。

すごくシンプルな方法ですが姿勢に気を付けるだけでも腰への負担が減ります。

自然と腹筋に力が入るのでダイエット効果まで期待出来ちゃいますよ

デスクワークでは1時間あたりの消費カロリーが80kcalです。これに対して立ち仕事では1時間あたり158kcalも消費するそうです。

違和感を感じる前に対策を!!立ち仕事から来る腰痛を防止するための対策を伝授

腰痛を感じる前ってなんだか違和感を感じませんか?

そうなってしまう前に腰痛を防止しちゃいましょう!!

腰痛対策には先ほどもお話しした通り姿勢を意識することが一番重要です。

次に大事なのはストレッチです。

同じ姿勢での作業になってしまった時には血の巡りを良くしてください。

腰をそらしたり回したりとできる範囲のストレッチでも効果があります。

やってみよう、腰の体操!

  1. 足を肩幅程度に開き、ヒザを伸ばして立つ
  2. 両手をお尻に当てる
  3. ゆっくり息を吐きながら上半身をそらす

これを2、3回繰り返してください。

その他にも足に合った靴を選んだり腰痛ベルトやインソールを使ったりすることでも腰痛予防の効果が期待できます!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

立ち仕事による腰痛は心配ですよね。

でも腰痛を予防していけばデスクワークより健康的なので心配しすぎないでください(^^)

腰痛に気を付けてお仕事頑張ってくださいね♪

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村