楽しめなきゃ続かない!英語の勉強ならダントツ洋楽がおすすめな理由!

仕事で使える英語を身に付けるのは簡単なことではありませんが、毎日楽しめて続けられる方法だったら頑張れると思いませんか?

毎日楽しめて続けられる英語の勉強方法に洋楽を聞く方法があります。

でもただ聞き流すだけではだめなのです。

そこで英語の勉強に洋楽をおすすめする理由と洋楽を聞く英語の勉強の仕方をご紹介しますね。

英語の勉強に洋楽がおすすめの理由

まず洋楽を聞く勉強の方法は、身構えることなく気軽に英語勉強を始められますよね。

朝食中、通勤中、お昼休憩、帰宅中、運転中、運動中等洋楽を聞き英語を勉強しながら何かができることは継続できるポイントでもあります。

洋楽を聞くことで、英語からダイレクトに意味が理解できる勉強ができます。

英語が苦手な人は、英語を聞いたり見たりして和訳し理解していることが多いです。

しかしそれでは実践的な英語は身につかないのです。

英語を聞いてすぐに理解できる練習が洋楽を聞くことで可能なのです。

英語の勉強としてまずは好きな洋楽の歌詞をGoogleで和訳しよう

洋楽を聞いて英語を勉強するおすすめの理由では、和訳を挟まないで理解することをおすすめしました。

ここで紹介するまずはGoogleで和訳すると言うのは、細かい意味のことではありません。

どのような歌詞なのかざっくりと理解するためにまずは和訳するということです。

0の状態から洋楽を聞いて勉強するよりは、和訳でざっくりとした内容を知っていることで理解できない単語やフレーズが聞き取れるようになるからです。

Googleの和訳も完璧ではありませんが、気にせずどんなことを歌っている洋楽なのかだけ分かればOKです。

英語の勉強先生は大好きな歌手!いっぱい歌って発音を覚えよう

洋楽を聞いての英語の勉強で重要なことは一緒に歌えるようになることです。

発音が上達するには実際に声に出すことが一番大事なのです。

黙々と机に向かったり、ひたすらリスニングを繰り返すだけでは実践的な英語の勉強にはならないのです。

英語のリスニングが苦手な人には、ビートルズやカーペンターズの曲をおすすめします。

他にもCMや映画などで聞いたことがある洋楽で英語の発音の勉強におすすの洋楽をご紹介しますね。

  • Let it go(アナと雪の女王)
  • Story of may life(ワン・ダイレクション)
  • Bad Day(ダニエル・パウター)
  • Mgic(コールドプレイ)

まとめ:英語の勉強にも使える!フレーズを繰り返し歌おう

まずは洋楽を聞いて英語のフレーズがスムーズに聞き取れるようになれることがポイントです。

正確に聞き取れるようになれば、発音も上手に真似できるようになるはずです。

自宅や自分のお部屋では、恥ずかしがることはありません。

洋楽を歌いながら英語の勉強を続けましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村