育児ノイローゼにならないために!?子育てが辛い時の無料電話相談

子育てに奮闘しているママ。現実から逃げ出したくなることもありますよね。

育児の環境は様々で、夫が単身赴任や夫の仕事の帰りが遅い等外的な要因もあります。またシングル世帯、ワンオペ育児状態等の家庭内の問題もあります。

専業主婦の場合は、仕事をしていないので基本は子どもを保育園に預けられません。休みのない育児が続きます。

今回このページでは、子育ての辛い時期を相談する方法、乗り越える方法についてお伝えします。

孤独なママの参考になれば幸いです。

ママはみんな経験者!?子育ての辛い時期を乗り越える2つの方法とは

子育てについては、無料で電話相談できるところを利用してみてください。

育児に対して、具体的なアドバイスを受けられる電話相談がたくさんあります。いくつか例をあげておきますね。

  • 子育てホットライン「ママさん110番」
  • エンゼル110番
  • 子育て・思春期・更年期――女性のあらゆる相談室
  • 小児救急電話相談(厚生労働省が運営する電話相談窓口)

精神的に追い詰められている場合は、いのちの電話などに相談するほうが良いでしょう。ご両親に連絡できるなら、ご両親に助けを求めるのが一番です。

子育ての辛い時期を乗り越える2つの方法は、育児の電話無料相談といのちの電話無料相談です。

まずはどこでもかまいませんので、遠慮なく電話してみてください。

私も知りたい!?子育てが辛いと思った時に賢いママが取った行動を全力取材

もっとも重要なことは、相談相手を作っておくことです。

一人で乗り越えるのは難しいですし、孤独な状態ではマイナスの感情しか浮かんできません。

誰か一人でも育児について話せる人がいたら、プラスの気持ちが生まれます。ママ友や職場の同僚でも、育児についての愚痴を聞いてくれる人を作りましょう。

ほんの少しの時間でも子どもを預かってもらえると、気持ちに余裕を持てるようになります。一時保育施設を利用する手もあります。

たとえば、

  • 「ショートスティ」
  • 「お迎えシスター」
  • 「ベビーホテル」

などです。

他にも「子育て支援サポーター」や「ファミリーサポート」から人材を派遣してもらう方法もあります。

また家事だけでもお願いする方法としては家事代行サービスの利用もあります。

まとめ

子育てが辛いときは相談しましょう。

育児は、一人で悩まない、一人で乗り越えようとしないことが大事です。

孤独な状態はマイナスの感情ばかりが浮かんでしまいます。精神的にも身体的にも、倒れてしまう前に誰かに助けを求めましょう。

知人や身内を頼れない場合は、

  • 「ショートスティ」
  • 「お迎えシスター」
  • 「ベビーホテル」
  • 「子育て支援サポーター」
  • 「ファミリーサポート」
  • 「家事代行サービス」

などを利用してください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村