もうすぐ紫外線の時期!不安なあなたへアレルギーとその症状をご紹介

紫外線の量は5月から急激に増え、7月をピークに8月まで紫外線の多い日々が続きます。

紫外線といえば日焼けだけでなくシミやしわの原因にもなります。これらはあまり良いものとは言えませんよね。

それに紫外線アレルギーあるいは光アレルギーともいう病気を発症してしまいます。しかし、日焼け、シミ、しわ、と聞けば容易にイメージができます。

紫外線アレルギーなんて全く想像できないと思います。

そこでそれらを知るべく、紫外線アレルギーと症状について簡単にみていきましょう。

紫外線からくるアレルギーはお肌の天敵!?そのメカニズムと原因をご紹介

最初にメカニズムと原因の前にアレルギーの症状について述べていきます。

主な症状としては肌が赤くなったり、じんま疹がでてきます。他には頭痛、吐き気などが引き起こることも。

では、どうしてこのような症状がでるのかという原因の話になります。皮膚上で起きる内因性と外からによる外因性という2つの要因が考えられます。

内因性と外因性

内因性については、皮膚の表面にある物質が光による化学変化を起こす症状を指します。

反対に外因性については光による化学反応が内服した薬等外的要因による事を指します。これらの要因によって紫外線アレルギーが引き起こされていたのですね。

メカニズムに関しては、光による化学変化によって皮膚が炎症を起こす場合があります。

そして光化学反応によって生み出された物質がタンパク質と結合し疫反応が起きる場合があります。

そして、それぞれ光毒性と光アレルギー性といいます。もっと詳細なことが知りたいときは、これらのワードで検索すると良いでしょう。

紫外線が強くなる時期には要注意!!いつもより入念にアレルギー対策をするためのポイントをご紹介

内因性の対策はとにかく肌を露出させないこと。

べたなことですが、日傘をさしたりやアームカバーを着用することが有効です。外因性は製品の注意書きに、直射日光を避けるよう指示されいるので問題はありません。

また昨今では光によって有害な物質になることに目が向けられています。そのため外因性となる製品が減ってきています。

皮膚に使用するものであればなおさらです。一応留意しなくても問題ないですが、以前一部だけ残っているので注意だけはしましょう。

まとめ

以上のことは原因とメカニズムについて紹介しました。

一見、日焼けと区別がつかないアレルギー症状もあります。しかし光パッチテストをすることでアレルギーかどうかを判断することができます。

なので何か異常を感じたときは速やかに皮膚科を受診しましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村