呼吸が止まる?!睡眠時無呼吸症候群について~身体に与える影響とは

睡眠時無呼吸症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「聞いたことはある」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その原因や症状、身体に与える影響などは詳しくご存じないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、身体に深刻な影響を与える睡眠時無呼吸症候群について詳しくお話ししていこうと思います。

1.睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時に1時間あたり5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上の頻度で、10秒以上気道内の空気の流れがとまった状態。

つまり呼吸が止まった状態が見られれば、睡眠時無呼吸症候群とされています。

睡眠中に呼吸が止まった状態が繰り返されることで、身体に様々な悪影響を与えます。

2.睡眠時無呼吸症候群の原因とは?

  • 喫煙者
  • 寝る前のお酒が習慣化している
  • 肥満気味
  • 暴飲暴食してしまう
  • 高血圧、糖尿病、高脂血症などの病気がある

など色々な原因があります。

また、首が短い・首のまわりに脂肪がついている・小顔・扁桃肥大なども原因になります。

3.睡眠時無呼吸症候群の症状とは?

自分では気付くことが難しい睡眠時無呼吸症候群。

次のような症状がある方は、一度検査を受けた方がいいかもしれません。

  • 寝ている時に、呼吸が止まる
  • いびきをかく
  • いびきが止まった後に、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
  • 眠っているはずなのに、熟睡感がない
  • 昼間などに我慢できないような強い眠気がある

などです。

このような症状がある方は、いびき外来や呼吸器科などで睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてみると正しい治療が受けられる場合があります。

そのままにしておくと、症状の悪化や体への悪影響が懸念されます。

4.睡眠時無呼吸症候群が身体に与える影響とは?

人間は呼吸をして、身体の隅々まで酸素を送っています。

そして睡眠は、脳や身体を休息させるためのものです。

しかし睡眠時無呼吸症候群は、睡眠で十分な休息が取れていない状態が続いているのです。

呼吸停止が繰り返されるので、身体が酸素不足を補おうと心拍数を上げます。

その結果、寝ているのにちゃんと眠れていない状態が続き、日中に強い眠気を感じたりするのです。

しかも、心臓などに負担がかかるため、脳卒中や心臓病のリスクが上がってしまいます。

5.睡眠時無呼吸症候群を治す方法とは?

代表的な治療法としては、いびき外来などのCPAP療法です。

<CPAP療法>

CPAP療法は持続陽圧換気治療といい、寝るときに鼻マスクつきの機械を装着します。

その鼻マスクを通して気道閉塞の度合いに合わせた空気圧を、鼻から気道へ送ってくれます。

そうすることで、無呼吸の発生を防ぎます。

<歯科で作ってもらうマウスピース>

マウスピースは歯科装具で、スリープスプリントともいわれています。

マウスピースをつけて寝ることによって、下あごを上あごよりも前方に出すように固定させます。

上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぎます。

<外科的手術>

外科的手術は、扁桃肥大などが原因で気道を塞いでいるときに行われる摘出手術です。

<生活習慣などの改善>

睡眠時無呼吸症候群と言われたら、これらの治療とあわせて生活習慣などの改善も必要です。

  • 首まわりの脂肪が気道を狭くしている方…バランスの良い食事や運動をするなどして、減量していきましょう。
  • 鼻づまりなどで鼻呼吸がしにくい方…まずは原因である鼻の治療をすることが推奨されます。
  • 仰向けで寝る方…寝る体勢を変えることによって症状を軽減することができます。仰向けでなく、横向きに寝るようにしましょう。
  • 寝る前にお酒を飲まれる方…お酒は適度にして、寝る直前は控えましょう。
  • 小顔で下あごが小さい、または首の筋肉が弱い方…首の筋肉を鍛える運動をとり入れましょう。ネット検索するといろいろな方法が紹介されています。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群についての簡単な概要となります、おわかりいただけたでしょうか?

御自分や周りの方が睡眠時無呼吸症候群だとわかったら、しっかり治療して良い睡眠がとれるように努めて、健康な身体をキープしましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村