この記事を読めば、英語の勉強が苦痛じゃなくなります!楽しい英語勉強法!

英語の勉強には文法や語彙力等の情報が必要です。

しかし同時に耳を英語に慣らせること、実際に口に出して発音することも大切です。この3つがバランスよく保てなければ、英語力は上達しません。

身近なものと興味を持てなければ続けられないのは、どんなことでも同じですよね。

では自分から興味を持って、英語を勉強する方法はどれが最適なのでしょうか。

いい方法がありますので、お教えしますね。

英語を勉強するのにワークはやるな!まずは洋楽を気楽に聴こう!

日本の英語の授業は、文法や単語から始まります。

そして覚えた英語が例文としてテキストに載っていますが、これが問題なんです。

その事柄が身近に感じられなければ、実際に使う機会を想像できません。また興味も湧かないので記憶に残らないんですよね。

逆に楽しいと思えたら意欲的に取り組めることで上達は早まります。何とも残念なことです。

楽しいと思える勉強法とは

では楽しいと思える英語の勉強法とは?どういった物なのでしょうか?

それは沢山の言葉をインプットできる、洋楽が最適なんですよ。先ず言葉を知っていなくては、理解ができませんからね。

リズムやアクセントなどの正しい発音の仕方の見本となる素材です。また実際の会話での言い回しを学ぶこともできます。

そんな風に、耳で覚えてから文法を改めて勉強してみましょう。するとあの曲のフレーズが浮かんでくることもあるかもしれません。

そうして色んな曲で知識を深めていけると良いですよね。

慣れてきたら英語を勉強するつもりで歌ってみよう!おすすめの洋楽4

好きな洋楽に耳を傾け英語に慣れながら意味を理解します。そして覚えて自分の口で歌うことで発音を身につけます。

リスニング力をアップさせるには、もってこいの勉強法です。Aメロを何度も繰り返し聞いて覚えましょう。

完璧にしてBメロも覚えると、あっという間に歌えるようになりますよ。

All My Loving / The Beatles

好きな人がいる貴方におすすめ。

聞き馴染みのある単語が繰り返されるので、覚えやすいです。ワードを変えるだけで応用できるフレーズは、覚えておくと便利ですよ。

BEAUTY AND THE BEAST / 美女と野獣

ゆっくりとした曲調で繰り返す歌詞も多いため、速くて発音が間に合わないついていけない、なんてことにはならないでしょう。

クリアできたという達成感が味わいやすい曲ですね。

We Are The Champions / Queen

比較的、言葉数も少なく盛り上がる曲なので、モチベーションを維持しやすいと思います。

大ヒットした映画 ボヘミアン・ラプソディのクライマックスでも使われた、万人に愛される曲は歌えたら気持ちいいですよ。

A Whole New World / Aladdin

誰もが、耳にしたことのある曲ですよね。

それだけに、既に歌える部分もあるのがポイント。歌っていても気持ちいいので、カラオケで歌えば皆で盛り上がれますね。

まとめ

いかがでしたか?

洋楽を聞いているだけで英語の勉強になるんだったら、できそうな気がしてきますよね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村