子育て疲れはどうやって解消する?父親のストレス解消法とは?

子育ては本当に大変ですね。

いくら我が子でもしょっちゅう泣いては睡眠も妨げられてしまいます。また時には熱を出して、夜中に病院へ行くことだってあるでしょう。

あるお子さんは夜泣きがひどくて、ドライブをすると寝付く特徴がありました。そこでパパが毎晩のように夜中にドライブに連れ出したそうです。

パパは仕事も忙しくてもうヘトヘト。でもこれまた疲れ気味のママに全部を任せるのも気の毒ですね。

お互いにダウンする前に、何とか子育ての疲れを解消する方法を考えましょう。

子育てに疲れた父親のリフレッシュ法とは?イライラを解消しよう!

お休みの日ぐらい朝寝坊をして疲れを解消と思っても、お子さんはパパが大好きです。

パパがお休みの日はとりわけ早く起きて、パパを起こしに来るでしょう。狸寝入りもできません。

ママも疲れているから、休日ぐらいは育児を代わってよと思っていますよね。

そうなるとやっぱり、パパとママが交代で休むのがいいのではないでしょうか。

できる限り負担を偏らせない!

午前中はパパがお子さんを遊ばせて、ママは家事や買い物でリフレッシュ。

午後はパパが休んで、ママがお子さんの相手をする。

お互いに助け合わないと、お互いにイライラしてきますよね。パパは「僕は仕事で大変なんだから休ませてくれと」とこれまたイライラ。

これではお子さんにも良いわけはないですね。お互いにちょっとずつ協力して、リフレッシュすることを考えましょう。

息抜きしながら楽しく育児!子育てに疲れた父親のいこいの場所

パパは家にいるとお子さんがやってきて休息にもならないなら読書もお勧めです。

図書館では静かな空間で読書もできるので、リラックスにもなります。ジムやサウナでリフレッシュでもいいですね。

実家が近ければ、1~2時間でも昼寝をさせてもらうのもいいでしょう。

子育ての大変な時期は思うほど長くない

日中お子さんを外でよく遊ばせると、お子さんは早く、ぐっすり眠るでしょう。

これならパパは久しぶりにテレビを見たりビデオを見ることもできるでしょう。少しでも休養をとると、また頑張れるのですね。

子育ての大変な時期はそんなに長くはないのです。そのうち、「遊んであげよう。」と言っても、「友達と遊ぶからいいよ。」となります。

パパとママがいい時期だけは、お互いに協力して子育てを乗り切りたいですね。

まとめ

子育ては大変です。疲れ気味のパパも休養が必要です。

同じく疲れているママと協力して、休養をとりましょう。子育てはいつまでも続くわけではありません。

二人で協力して乗り切りましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村