子育てが大変で辛い時期…みんなどう乗り越えてるの?参考にしたい!

子育てって大変ですし、新生児ならばそれこそ付きっ切り。

3時間ごとにおっぱいを飲ませなきゃでしょ。

よく泣くし夜も寝てくれないこともあるし、ほとほと疲れて投げ出したくもなりますね。

元プロの保育士さんでも、5時に園児とサヨナラできるので休みがあります。しかしそれが24時間勤務の我が子となると、もうへとへとだと言いますよ。

他のママはどうやって乗り越えてるの?そのあたりのことを探ってみましょう。

子育てが辛いと感じている主婦の方々、相談は誰にしているの?

子育てが辛くないママはいないみたいですよ。あまり頑張り過ぎてうつ状態になる人もいるようです。

そうなる前に、気軽に相談するのはいいみたいですね。育児に協力的なパパがいれば、協力を仰いでみましょう。

「よし、僕が代わろう。」と言ってくれるかも?

とにかく協力してもらえる可能性を多く作ること

でも、現代のパパは忙しいでしょ。時間が取れないかもしれません。

そんな時は、自分の母親やお姉さんでもいい、ママ友でもいいのです。ざっくばらんに聞いてみましょう。

そういうことはよくあることよと言ってくれるかもしれません。話してみただけで、気が楽になることも多いのです。

赤ちゃんの体ことが心配だったら、助産師さん等の専門家に聞いてみるのもいいですね。

検診の時でもいいし、電話相談をしているところもありますよ。専門家のアドバイスを聞くとホッとすることが多いです。

とにかく一人で心配し過ぎは良くないですね。誰かに話してみてみましょう。

子育てが辛い時に効く!ストレス解消方法3選

ここではストレスの解消に効果的なものを3つ挙げてみます。ぜひ参考にしてみて下さい。

1.誰かと話す

ストレスにはおしゃべりが一番です。

パパでも親しい友人でもママ友でもいいのです。とにかく他愛もないおしゃべりはストレス発散効果抜群!

https://white-applelife.com/wp-content/uploads/2019/04/ファビコン.jpg
管理人

近くにそんな人はいない…

でも、今は電話、メール、ラインもあるでしょ。ちょっとの時間誰かと交流すれば、孤独な育児ではなくなるのです。

育児雑誌や育児情報を読むのもいいですね。誰かに声をかけるのが面倒なら、育児雑誌を読むにはいいですね。

「なーんだ、私ひとりじゃないだ。」と分かれば、気分も変わります。雑誌を買いに行けなくても、インターネットというものがあるでしょ。

育児真っ最中の人のブログなんかを読むと共感を感じられます。

2.休養をとり、気晴らしをする

でもやっぱり体の疲れには休養ですね。

休みの日には子供をパパに頼んで、30分でも横になるとかもお勧めです。お風呂に一人で浸かるのもいいですね。

おばあちゃんやおじいちゃんにお願いする手もあります。

誰もいなければ、自治体が紹介するヘルパーさんでもいいのです。とにかくちょっと休むと元気回復できますね。

3.余裕があれば、美味しいコーヒーを飲むとか、美容院へ行ってみる

図書館で本を借りて読むのもいいでしょう。とにかく育児以外のことをしてリフレッシュしましょう。

赤ちゃんを預けてこんなことをしていていいの、なんて思わないことです。

ちょっと休んでまた元気に育児をする方が、赤ちゃんだけでなくママにもいいのです。

辛い時期はずっと続くわけではありません。

笑顔で乗り切りたいですね。

まとめ

育児は大変です。でもずっと続くわけではありません。

辛い時は誰かに相談し、おしゃべりや情報交換でストレスを発散します。

また休養をとり気晴らしもして、元気に乗り切りたいものですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村