出産祝いの金額ってどのぐらい?相場を知って失礼のないようにしよう

出産祝いの金額ってどのくらいなのでしょう?

世の中一律で決まっていればそんな事考える必要もないのですが…。お祝いは気持ち次第と言われます。

しかしビジネスの場であれば余計に気を付けないといけないでしょう。上司に渡す場合は失礼があってはいけません。

今回はビジネスの場における出産祝いの金額についてお話したいと思います。

どのぐらい?出産祝いの相場とは!

相場を語る前に、そもそも出産祝いとはなんなのか?を説明していこうと思います。

出産祝いとは

この世に生まれてきた赤ちゃんと大変な妊娠期間を乗り越えて無事出産を終えたママ。

この方々にに対してのお祝いとねぎらいをするために贈るお祝いを言います。ですから出産祝いを渡す人はあなたにとって大事な人だと思います。

出産祝いは贈る相手で金額は変わります。特に会社の上司はいつもお世話になっている方です。

多少お祝いの額は増えるでしょう。

しかし、評価を気にするあまり高額なお祝いを渡しても相手に迷惑をかけてしまいます。返しをする側のことも考えなければなりません。

相場は一体どれぐらいのもの?

では一体いくらぐらいが良いのでしょうか。

会社の上司であれば5千円~1万円。同僚・部下は3千円~5千円が無難でしょう。

いつもお世話になっている上司であれば1万円渡すのが良いです。お金が重すぎると感じる場合は現金5千円と5千円分のプレゼントをあげるのも良いです。

お金とプレゼントを半分ずつにすると相手のお返しの負担も軽くすることが出来ます。会社関係でまとまってお祝いする場合は、総額をいくらと決めます。

そして送る人数で割る場合もありますが、これも決して悪いことではありません。

必ずしも現金である必要はない

現金ではなく贈り物をするというのも良いでしょう。赤ちゃんが生まれると何かと出費がかさみます。

赤ちゃんの消耗品であるおむつや使い捨てのおしりふきなどをプレゼントするのも喜ばれます。

また自分ではあまり買わないオーガニックコットンの肌着やブランド物のベビー服なども良いと思います。

おもちゃや絵本などは他の人とかぶりやすいのであまりお勧めはしません。

マナーを知ろう!出産祝いの書き方と贈り方

出産祝いの贈り方について説明します。

御祝儀袋は5本もしくは7本の紅白の蝶結び(花結び)の物を選びます。

1.御祝儀袋の表書き

〈個人で贈る場合〉

表書き上段に「御祝」「御出産御祝」「祝御出産」「御出産祝」、下段に氏名(フルネーム)を書きます。

〈職場でまとまって贈る場合〉

表書き上段は個人で贈る場合と一緒です。下段に〇〇一同と書きます。袋の中には出資したメンバーの氏名を書いた紙を入れます。

2.中袋内袋の書き方

中袋がついているタイプの場合、金額を記入する欄があればその枠の中に書きます。基本は漢数字で書きますが、横書きの場合数字でも構いません。

特に金額を記入する欄がなければ中袋の真ん中に金額を書きます。中袋の金額は外側の袋と同じ筆記用具で書くのがマナーです。

どうしても書く欄が小さくて文字が書けない時のみボールペンを使いましょう。

金額とご祝儀袋のバランス

お祝い金額とご祝儀袋のバランスに気をつけましょう。

お祝い金額は少しなのに、ご祝儀袋が豪勢だとバランスが悪く印象が悪くなってしまいます。

贈り物の場合は、上質な和紙で包んでから水引で結びのしを付けます。のしの書き方も①の個人で贈る場合の書き方と同じです。

購入する際にそのお店でお願いするのが無難でしょう。

タイミングも重要!なるべく負担にならないように

お祝いを渡すタイミングは大事です。

会社の上司に会社で直接渡す場合は、仕事の忙しい時間帯を避け人目の多い場所は避けるようにしましょう。

人目の少ない場所でお祝いの言葉と一緒に渡します。お金ではなく贈り物を渡す場合は、持ち帰るのに迷惑にならないサイズの物を準備して渡します。

訪問して渡す際は、母子が退院してから少し間をあけて健康状態を確認してから訪問しましょう。

母子の入院中に訪問してお祝いを渡すのは出来るだけ避けた方が良いです。前もって予定を確認し渡しに行く際も、お宅での長居は厳禁です。

母子に疲れさせないように挨拶をして適度に帰るのがマナーです。

お祝いを渡すのが遅くなったら?

お祝いを渡すのが遅くなった場合でも、遠慮せずに渡すようにしましょう。

お祝いはもらって嫌な物ではありませんので、気にせずに渡す方が良いです。

生まれて半年以上経過した場合であれば、御祝儀袋には出産祝いではなく誕生祝として渡すのが良いでしょう。

お祝いが遅くなったことに対してのお詫びもかるくふれた手紙を添えるのも良いです。ただし、お詫びがメインの手紙にならないように気をつけましょう。

あくまでお祝いがメインの手紙になるようにして下さい。

まとめ

出産祝いに渡す金額は、会社の上司であれば5千円~1万円。

面倒をよく見てくれる上司であれば1万円渡すのが良い。同僚や部下であれば3千円~5千円が無難。

お金ではなく、贈り物をしても良い。贈り物の場合であればオムツなどの消耗品であれば他の人とかぶっても迷惑にならないので良い。

https://white-applelife.com/wp-content/uploads/2019/04/ファビコン.jpg
管理人

会社でまとまってお祝いしても問題はないです

御祝儀袋はお祝い金額と袋のバランスを考え選ぶ。

表書き上段には「御祝」「御出産御祝」「祝御出産」「御出産祝」、下段には氏名を書く。中袋には金額を記入する。

会社でまとまってお祝いしている場合であれば中に出資したメンバーの氏名を書いた紙を入れる。

贈り物の場合は、上質な紙で包み、水引で結びのしを付ける。お祝いを渡す時にも配慮をもって渡すことが重要です。

母子の健康状態が不安定な時期でもあるので、相手の状態に合わせてもっていく事が大事。

細かいことが多いですが、こういったことを当たり前に出来る人が一人前の社会人です。ビジネスマナーの1つとしてあなたの知識として下さい。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村