子育てでイライラして怒鳴るのを止めたい…そんな時はこれを読んで!

子育てのイライラで世の中のママはたくさん悩んでいることでしょう。

イライラの原因は子供だけではありませんし、育児も家事もほとんど1人で背負っているママですからイライラするのは無理ありません。

仕事や人間関係でイライラしているのであればそれを辞めれば済みますが、子育てはそうはいきません。

イライラし過ぎて子供に手をあげてしまわないか心配になっているママさんも多いことでしょう。

イライラが冷めた後、ふと我に返った時に感じる子供への罪悪感や反省。精神バランスがおかしくなってしまいそうですよね。

今回は「子育てでイライラして怒鳴るのを止めたい…そんな時はこれを読んで!」をテーマに紹介していきます。

子育てでイライラしない人の特徴!誰でもそんな人になれるんです!

子育てでイライラしない人の特徴を紹介します。

1.怒り方がやわらかい

人は怒ると相手に対して怒鳴ってしまいますが、これは自分の感情をついついぶつけてしまうからです。

しかしイライラしない人は怒る時も言い方がやわらかいと思いませんか。

しつけの為と自分を正当化して怒鳴るのではなく、しつけの為と子供に分かるように教えようという感情をもって接しているからです。

2.自分の思うようにならないことを分かっている

子供が自分の思うように動いてくれないから怒ってしまいがちです。

自分の思い通りに動かない=言うことを聞かないでは無く、子供は子供なりに考えがあります。

子供にはちょっと環境が変わっただけで大声でわめいたり、怒鳴ったりする時期があります。

多くのママが手を焼く「イヤイヤ期」ですが、しかし子供の秩序の敏感期として重要な時期であり、特別な感受性を持つ時期と言われています。

子供が安心するのはいつもと同じであるということです。

いつもと同じ結果になる遊びやいつもと同じ道を通って学校に通うこと、同じ手順で出かける準備をするなど。

https://white-applelife.com/wp-content/uploads/2019/04/ファビコン.jpg
管理人

いつもと同じことをするというのは、子供にとって非常に重要なことです。

数年前流行った言葉でルーティンがありますが、まさしく子供にとってもルーティンが大事なのです。

子供のこだわりにいちいち付き合っている時間はないと思うかもしれませんが、子供の特性として理解しておくとイライラが解消するでしょう。

多少自分の言うことを聞かないからといっても、多くを求めない余裕を持つ人はイライラしない人の特徴です。

3.感情で怒らない

怒り方やわらかい人でも話しましたが、感情で怒っても子供は言うことを聞いてくれません。

むしろ子供は反抗するので状況は悪化してしまいがちです。

感情をぶつけると相手も感情をぶつけてくるので、直してほしい所を諭すつもりで教えることが出来る人はイライラしない人の特徴です。

4.疲れをためない

毎日の育児や家事で疲れが溜まってしまうのは仕方がありません。

しかし疲れていると気持ちに余裕がなくなります。

余裕がない時こそイライラしがちになり、イライラしない人は気分転換や休みの取り方が上手な人に多いです。

子育てでイライラしない人の特徴は自分を調整できる人です。

相手を変えようとするのではなく、自分を変えることが出来る人はイライラせずに子育てが出来ていると言えます。

心が広い人は〇〇を心掛けている!?子育てイライラ解消法!

子育てを始めて感情的になることが増えたのは悪いことではありません。

人間として心の幅が広がったと言えるでしょう。

ここではイライラ解消法を紹介していきます。

1.自分がイライラしたことをノートに書きだしてみる

イライラした出来事を書き出す事でイライラを外に吐き出しましょう。

書き出した出来事を目で見ることはどんなことでイライラしていたのかを自分で分析することも出来るからです。

2.1日の流れを整理してみる

1日のなかのどこで感情のスイッチが入りいつごろが感情のピークなのか、落ち着くことが出来る時間帯はどこなのか。

自分を客観的に見てみると何か見えてくるかもしれません。

3.夫へ育児の大変さを知ってもらう

夫からの感謝の言葉はとても大切なので、夫へ育児の大変さを的確にまた強烈に伝えて理解してもらいましょう。

そして育児の大変さを強烈に伝えることが重要で、夫へ言ってもムダと諦めるのではなくしっかりと話してください。

話すことは嫌な思いを解放すことでもありますから聞いてもらいましょう。

一緒に手伝ってくれる夫であれば最高ですけどね!

4.近所の人に甘えてみる

近所のおばあちゃん世代は子育ての大変さを知っています。

きっと何か手助けをしたいと思っている人がいると思います。

そんな方に甘えてみるのも良いと思いますし、逆にその方が困っている時はこちらも助けてあげるとお互いにコミュニケーションがとれて良いでしょう。

5.一人の時間を作る

なかなか難しいかもしれませんが、一人の時間を作ることは必要です。

少しの時間で良いので時間を作ってみてください。

短時間に効果的なイライラ解消法は、大声で泣く・大声を出す・夜中の静かな空気にふれる・育児サイトをみて同じ境遇の人の話を見る・甘いものを食べるなどです。

イライラが溜まって来たなと思ったら、このような方法も試してみて下さい。

まとめ

子育てのイライラはママにとって永遠の課題です。

でもよ~く考えてみて下さい。あなたがママになったから経験できる貴重な感情であると同時に、子供が居なければこういったことは考えることもないのです。

子育ては大変ですしイライラしますが、感情は今しか味わうことが出来ないものだということを忘れないで下さい。

子供を大切に思っているママさんへ。毎日ご苦労様です。あなたのその頑張りは、どこかで誰かが必ずみてくれていますよ。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村