今とても増えている「パソコン腱鞘炎」で知っておきたいことのまとめ

腱鞘炎とは、デスクワークをしている人がかかりやすいものです。

腱鞘という部分が何らかの痛みや動きのトラブルが起きるものを言います。

今回はこの腱鞘炎についてまとめてみました、主にデスクワーカーの方は見て頂けると参考になるかと思います。

腱鞘炎とは

まず腱鞘とは、腕から指までつながっている筋肉と骨をつなげる筋の部分です。

腕の部分から指の先までつながっている筋なので、そろばんや電卓・筆記などの仕事を長い時間続けることで徐々に筋が傷んできます。

すると徐々に炎症となり、腱鞘炎になります。元々手首や指に多い炎症で、ドケルバン病・バネ指といわれるものも腱鞘炎です。

特にばね指と言われる、指を伸ばそうとした時に弾かれたような感覚を感じた場合は早めに病院で検査をすることが必要です。

軽いうちであればテーピングや固定することで、痛みや症状を和らげることが可能です。

ドケルバン病・腱鞘炎には基本的にテーピングで対処します。

 パソコン腱鞘炎って?

パソコン腱鞘炎とは、近年のパソコンの普及によって増加したパソコンによる事務作業などで腱鞘が炎症を起こすことを指します。

腱鞘炎と大きな部分では変わりません。

パソコン腱鞘炎に似た腱鞘炎にはマウス腱鞘炎というものもあり、どちらも手首や利き手の親指の付け根が傷むことが特徴です。

他にもキーボードで文字を打つ時、わずかに腕を上げて作業したりキーボードで文字を打つ時に特定のクセがあったりすると長い時間、筋肉がこわばります。

パソコン腱鞘炎の場合、職業病と言えるほど密接に関わる部分なので仕事を変えるぐらいしか根本の改善策がありません。

仕事外でもなってしまう場合がある

デスクワークだけでなく、現在ではパソコンのオンラインゲームやチャットの娯楽でもパソコンを使うことが多くなっています。

仕事だけでなく、デスクワークをしている人もそうでない人もこれらのような趣味の時間でもパソコンに触れることが増えました。

そのため何時間でもパソコンに向かっていることで、マウスやキーボードを使う時間も増えてパソコン腱鞘炎になっていることもよくあります。

症状や痛み

パソコン腱鞘炎の主な症状や痛みに関しては、個人差があります。

しかし一般的に言われている症状として、初期症状では腕や手首・指が少し動かしにくなったり、違和感を感じたりし始めます。

特に動かしにくい理由が「関節が固く感じる」と感じるのは、既にパソコン腱鞘炎になっていると思っていい状態です。

この時点でパソコンを使う時間を制限し、体を休めることで痛みが引いてきます。

放置するのは大変危険

だからといって処置をしなかったり、休養を取らずにいたり放置していると最悪の場合は手術が必要になる場合もあります。

主に患部の中心となる部分にステロイド注射を打ったり、手術で根本的な治療をしたりというのが現代の治療法です。

こうなる前に出来るだけ早く病院で検査や処置をしてもらうことが大切です。

一度、腱鞘炎の痛みが出てきてしまうと治るまでに時間がかかり、日常生活にも支障が出てきます。

なぜ腱鞘炎になるのか

ではどうしてパソコンで腱鞘炎になるのでしょうか。

これは腕や指、手首を酷使しすぎて起こります。

他にもパソコンのモニターが体の正面にないなど、体が真っ直ぐな状態で無い配置でパソコンを使用していると起こりやすい症状です。

また繊細な作業(電卓の打ち込みやキーボードでの入力作業)が多いことも特徴です。

長時間・悪い姿勢で作業を行うほど、体に負担がかかって腱鞘炎になりやすくなっていきます。

姿勢も原因の一つで、同じ理由で背が丸まる猫背の人も腱鞘炎になりやすいのです。

予防策

予防するためには何よりも正しい姿勢で作業をし、休憩やマッサージを積極的にすることが効果的な方法です。

この時に手首を温めて、親指の付け根を軽くもみほぐしましょう。

また手首をマッサージをしたり、腕の力を抜いて軽い運動をしたりすることで体への負担が軽くなり腱鞘炎を防ぐことができます。

キーボードやマウスパッドにつけるリストレスト(手首を置く場所・置く場所があるマウスパッドなど)を使うのも効果的です。

※これは私が実際に使っているエルゴノミクス仕様のリストレストです。これは大変にオススメです。

まとめ

実際に腱鞘炎で悩まれている方は、環境や自分の手癖などにも目を向けてみましょう。

何らかの負担を強いている状態が、必ず痛みとなって襲ってきます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村