子育てのイライラ、赤ちゃんが泣き止まないとつい怒ってしまうのが嫌

赤ちゃんて、どうしてこうも泣くのでしょうか?

お腹が空くと泣きオムツがぬれると泣き、抱っこしてもらわないと泣き、極めつけは眠くなると泣く。

眠いならおとなしく寝たらいいでしょなんて思ってしまいますよね。

もう寝なさい!」と怒ってしまうこともありますね。

しかし天使のような寝顔を見ては、「ごめんね。」なんて謝ってみて落ち込んじゃうこともありますよね。

でもどこのママも同じなので、何かいい方法はないのか探ってみませんか。

子育て寝不足、イライラでどうにかなりそう…効率的に睡眠に運ぶためには?

「子育ては寝不足との戦いだ。」と言った人がいましたが、その通り!

赤ちゃんのお世話は24時間休み無しで、夜も2~3時間おきに起きておっぱいを欲しがるし、そのまま寝付かないで泣くことだったありますよね。

やっと寝付いたから横になったら、30分で起きちゃった…なんてこともありますね。

ママはもうフラフラになりイライラはつのって爆発寸前ですよね。

なので、何とかして赤ちゃんがすんなり眠ってくれる方法を探さなくちゃいけません。

自分の母親や先輩ママやママ友に聞くのもいいし、育児雑誌やインターネットのサイトを見るのもいいのです。

とにかく赤ちゃんがよく眠る方法を探してみましょう。

どうやって眠ってくれるの?子育てって大変、寝かしつけでイライラ

「うちの子はいつもよく寝てくれて手がかからないわ。」なんていうママは多分いません。

ずっと抱っこしているとか、おんぶできるようになったらずっとおぶって寝かしつけたという体験談もあります。

その一方でドライブをすると寝るから、夜中に赤ちゃんとドライブしたという人もいました。

バウンサーがいいのでやってみたや、入眠用のおしゃぶりをしゃぶらせたとか足の裏をマッサージした等もあるので皆必死に親子の睡眠と戦い続けています。

しかしうまくいくときもあるし、だめなことがあるのも事実です。

気持ちに余裕が無い時は特に伝わる

ママの気持ちの余裕がないときに、赤ちゃんは興奮して寝ないのかもしれません。

孫をかわいがりたいおばあちゃんが抱っこすると寝る、という赤ちゃんがいるでしょう。

あれはおばあちゃんは家事の心配もなく、孫をいつまでも抱っこしていたいという育児を楽しむ余裕があるからだと思うのです。

ママだって元気で時間があるときはゆっくり、寝かしつけができるでしょ。

だから時々パパやおばあちゃんに手伝ってもらって、自分がリフレッシュするのですね。

気持ちに余裕を持つため、1人で抱え込まないこと

気持ちに余裕ができるとちょっとぐらい赤ちゃんがぐずっても「いいよ、いいよ、もうすぐ寝るわよね。」と思えるものですね。

赤ちゃんが寝なくて困りすぐに起きるのは、ほんのわずかな時間です。一生続くわけではないのですね。

中高生になった青年をごらんなさい、「起きなさい。」と言ったって起きてこないようになるのです。

それと比較すれば赤ちゃんの寝ぐずりなんてかわいいものです。

なので赤ちゃんの笑顔を見れば元気も回復すると気持ちの余裕をもって育児をしたいものですね。

まとめ

赤ちゃんが寝付かないのはママにとっては頭の痛いことです。

抱っこしたりおしゃぶりを使ったり、足裏のマッサージ等赤ちゃんに合った方法を探しましょう。

またママが気持ちの余裕を持つことも大切で、パパや祖父母に手伝ってもらいこの時期を乗り越えたいですね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村