運動が健康に良いと言われる理由を5つ大まかに書き出してみる

運動はとても健康にいいと言われています。

しかし、何がどういいのか。詳しく知らない方は多いと思います。

運動が健康にいい理由

ここでは運動の効果をまとめていきます。

他にも細かく書き出せば様々な情報をまとめることが出来ます。

しかし、あくまで概要的に知れればと考えますので深くは掘り下げません。気になった内容は関連記事をご覧頂ければと思います。

1.ストレス解消できる

適度な運動はストレス解消になります。

体育の持久走で最初は辛くても、途中からスカッとした経験はありませんか?

「ランナーズハイ」といって、脳内麻薬が分泌されることで気分が良くなります。

ランナーズハイ

薬物としての麻薬を摂取したら、人生がメチャクチャになってしまいますよね。

運動によって分泌される脳内麻薬は身体への害もなく、気分を向上させてくれます。

またストレス解消の選択肢として運動を選ぶことで、健康に悪い習慣でストレス解消してしまうことを避けられるメリットもあります。

喫煙や過度の飲酒・過食という形でストレスを解消する人もいますが、その場は気分が良くなっても長期的に見ると様々な病気の発症リスクを高めます。

運動でストレス解消することで、こういった不健康な習慣による病気を発症しないで済むこともあるのです。

2.健康的なダイエットができる

運動してカロリーを消費することで、ダイエット効果が期待できます。

食事制限だけのダイエットはストレスも溜まりますし、脂肪と一緒に筋肉まで落ちることで様々な害をもたらします。

運動せず厳しい食事制限でダイエットをした結果、腹筋が衰えて腸を支えられなくなったことから便秘で死亡したケースが依然テレビで放送されていました。

運動によるダイエットはそれ自体が脂肪を燃やせるだけでなく、基礎代謝が上がりカロリー消費の効率が良くなること。

筋力が落ちることで二次的に起こる病を防止することにも繋がっています。

3.メタボ防止になる

腹部の脂肪がつくことに加えて糖尿病、高血圧、高脂血症を発症するメタボリックシンドローム。

摂取カロリーが消費カロリーを上回り、内臓脂肪が蓄積されることがメタボの始まりです。

内臓脂肪からは動脈硬化促進の物質が分泌されるため、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

運動することで消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、内臓脂肪の蓄積を防止してメタボを防げるのです。

見栄えも悪いし死に至る病気を引き起こすリスクがありますし、内臓脂肪の溜まりすぎは何もメリットがないのです。

4.怪我の防止になる

運動して筋力をつけること、柔軟性を高めることで怪我の防止に繋がります。

特に高齢者に起こりがちな転倒による骨折から寝たきりになることは、足腰の筋力低下が主な原因になっています。

また、ぎっくり腰は腹筋や背筋が弱っている時に急に重いものを持つことが原因のひとつと言われています。

運動して筋力を鍛えることで、転んだり荷物を持ったりすることで起こる怪我を防止できます。

5.コミュニケーションスキルの向上、生きがいになることも

家と会社の往復だけ、家事と仕事だけの生活だと心の健康はなかなか保てませんよね。

運動を趣味にして、スコアが上がることで感じられる達成感は精神面でプラスになります。

達成感を積み重ねることで、大きな自信へと繋がります。

この自信が、人生では大きな意味を持つことになります。

まとめ

サークルに所属して運動をすることで職場以外に人との繋がりができれば、物事の考え方の幅が広がったり、悩みを抱えている時に支えになってくれたり。

「健康」の枠に収まらない人生全般でのプラスをもたらします。

チームスポーツを趣味にすることでコミュニケーション能力が鍛えられ、対人スキル不足により余計なストレスをためることがなくなることも心身の健康に繋がります。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村