一人暮らしにかかる費用の平均とは?福岡で安心して学生生活を送る

一人暮らしのメリットは、なんといっても自由なことですよね。

誰にも気を使うことなく、好きな時間に好きなことをして過ごせます。自分好みに部屋をレイアウトできますし、友達だっていつでも呼べる。

疲れていたら少しくらい片付けしなくても怒られることはないんです。

その反面、全てのことを自分でしなければならないので、上手くペース配分しないと、生活のバランスが崩れてしまい苦しむことも…。

学生が安心して暮らしていくためには?福岡で一人暮らしをするのに必要な費用の平均ってどのくらいなんだろう?

気になるお金事情を詳しくみていきましょう。

一人暮らしの費用の平均は?学生にかかる必要な生活費について

一人暮らしの男子学生がひと月に使用する費用は、親からの仕送りではとても足りないため、アルバイトをしている方がほとんどです。

しかし、学校生活を送りながら家事もしなければならないのですから、アルバイトに費やせる時間も限られてきますよね。

その為体力的にハードになりがちで、食事を外食で済ませてしまうと、ひと月の食費はあっという間に3万円超え。

家にあまりいないと、光熱費は1万円以内、日用品に掛かる金額も1万円以内で済みますが、スマホ代として1万円もみておかなくてはなりませんね。

目安としては家賃+○万

これに家賃をプラスした金額が、毎月必要になってきます。

もちろん平均値ですのでどのように暮らすかによって増減はありますが、目安として多めにみても家賃+6万円もするんですね。

更に、サークルや友達との飲み代にファッション、趣味へと消えていくお金もありますから、何となく過ごしているとマイナスにだってなりかねません。

だからといって、もっとアルバイトで稼ごうとして体調を崩したら、今度は病院代まで加算されちゃいます。

友人付き合いも大切ではありますが、これは必要今回は我慢するなどの、線引きをすることが重要と言えそうですね。

一人暮らしにかかる費用の平均は?全国の学生生活を比較する!

家賃、食費、光熱費、日用品雑費、娯楽費を合計した、ひと月に掛かる生活費用の全国平均は、約10万円とされています。

生活費の多くを占める家賃ですが、東京の都心部となれば約8万円はみておかなくてはいけません。

しかし、九州の相場は約4万円と平均より安い傾向にあります。中でも、福岡は大都市ながら、物価が安いことでも有名です。

また、交通の利便性もあり交通費が削減できるなどを加味すると、平均値を上回ることはないと言えそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

全国的にみると、福岡は暮らしやすい土地であることが分かりました。

日頃から自分のペースで無理をしない生活を心掛けると、更に余計な支出も減り安心した生活が送れるのではないでしょうか。

決して頑張りすぎることなく、充実した学生生活を送ってくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村