一人暮らしの費用は社会人でいくらかかる?大阪に住む生活費とは?

社会人になって、親元を離れ、自分の稼いだお金で生活していくとなると、使える費用が限られてきますよね。

でも、大丈夫。都心部の大阪であっても大きく物価が変わることはありません。

どのように過ごしたいのか、どんな風に生活したいのかで、使う費用が大きく変わってきます。

一人暮らしをするにあたって、譲れないところと妥協できるところの整理をしておくことで、後悔のない選択ができると思いますよ。

一人暮らしに必要な費用とは?社会人女性が大阪で生活する!

先ず、一人暮らしにかかる費用についてみていきましょう。

家賃、電話代など月々の支払いが一定の固定費と

  • 光熱費
  • 食費
  • 消耗品代
  • 交際費
  • 趣味や雑費

など自分次第で変えることのできる変動費の2種類があります。

個人差はありますが、合わせて大体15万円と統計がでているようです。家賃は総額の約1/3の割合を占めますし、月々の通信費も変えられません。

お風呂に入り、洗濯をするだけでもお金がかかりますし、女性であれば更に美容代が上乗せされます。

一人前の社会人としてひとりで暮らしていくということは、こんなにもお金のかかることなんですね。

一人暮らしの費用の平均は?大阪に住む女性の生活費を知りたい!

一般的な一人暮らしにかかる費用は、約15万円とわかりましたが、ちょっとずつの工夫で減らしていくことが出来ます。

順を追って説明していきますね。

生活スタイルが整うまでは出費は最小限に

生活するのに不可欠な消耗品は、今や100円ショップで何でも揃いますよね、代用できるものはそちらを利用すると良いでしょう。

仕事もまだ慣れていない中での一人暮らしとなると、体力的にも負担がかかります。

自炊をしようとしても、疲れて結局外食…というパターンや、体調不良で病院にかかることもあるかもしれません。

生活スタイルが整うまでは、自分だけに使える額を少しでも多く手元に残しておくと安心ですよ。

光熱費の工夫で安い方法を模索する

光熱費は、ガスよりも電気を使うなど、どの方法が安いのかを知ることが重要です。

食費は、大阪には安さをウリにしているスーパーも多いですので、うまく活用しましょう。大阪にひとりで住む女性の多くは自炊をしているようです。

一から作らなくても、市販の惣菜やレトルトにちょい足しするだけでも、立派な自炊です。

手間を省き自分好みの味に出来て、栄養のバランスも整えられますよ。

基本的には小さな積み重ねだが、それが後々大きくなる

このように、小さな積み重ねではありますが合計で2万円ほどの出費を減らしていくことは可能です。

また、大阪の平均家賃相場は5万円以下ですので、家賃が安くなれば1ヶ月にかかる費用の平均も大きく下がると言えます。

しかし、女性の一人暮らしとなると、防犯面には注意を払わなければいけません。

また、自炊をするのであれば、希望のキッチンやスーパーなどの周辺環境を加味すると、家賃も高くなることも考えられますね。

まとめ

いかがでしたか?

どこを削りどこに使うかの選択によって、費用は大きく変わると言えますね。

どうぞ、自分らしく過ごせる生活スタイルを見つけてくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村